2016年01月10日

ドイツ語とドイツ文化・歴史の重み

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語をこれからはじめる人には必ず手にしてもらいたい戦略的教材、おすすめのドイツ語教材の紹介

posted by osususmedeutsch at 16:00 | 東京 ☀ | ドイツ語のおすすめ教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。